そもそもテニス肘って?治療法と一緒に知っておきたいメカニズム

痛みの原因をリサーチ

痛みのメカニズムを知る

ナース

前腕筋の酷使が原因

テニス肘の痛みが生じる原因として、前腕筋の働きが大きく関係しています。手首や指先を稼働させるときに使用する前腕は、蓄積された疲労によって、血流悪化と筋肉の硬化で負担を逃す機能を損ない、腱の鞘と腱の繊維が擦れることで引き起こされます。

肩や背中、首がこりやすくなったら注意

テニス肘の症状は、前腕だけに影響を及ぼすだけではありません。前腕に生じたコリが、肩や腰、首にも及んでしまい、最終的には腕に戻ってきてしまいます。最近、肩や腰のコリを感じたことがあるなら、肘に負担がかかりすぎているかもしれません。

症状が悪化してしまったら

テニス肘の症状を感じ取ったら、応急の治療でアイシングや湿布を施して様子を見ていませんか。これらの治療で痛みが引いたら問題ありませんが、長引くようなら、一度クリニックで診てもらった方が良いです。

テニス肘を起こしやすい人には特徴がある

テニス初心者が引き起こしやすい

テニス初心者の場合は、特にテニス肘の症状を引き起こしやすいです。ストロークのフォームも定まっていない状態でラリーを行なってしまうので、腕関節に大きな負担をかけてしまうからです。症状を未然に防ぐために、打つフォームを固めるのも大切です。

フォアハンドとバックハンド

テニス肘には、いくつかの種類があります。肘の外側を痛めるバックハンド、肘の内側を痛めるフォアハンドなどです。名称は異なりますが、どちらともラリー中にラケットに伝わる衝撃が筋肉と肘の接着部に伝わってしまい、腱が損傷してしまうために発症してしまいます。

テニスやバドミントン選手だけではない

「テニス」という言葉が付くテニス肘ですが、テニス協議をおこなっている人に限らずあらゆる人が発症する可能性を秘めています。普段から、手首や指を不自然な使い方をする人、手の甲を引き上げた状態でPCのキーボード操作を行なう癖があると症状を発症させてしまいます。

痛みが引く時間帯を要チェック

腕を動かした時だけ痛む場合は、まだ軽傷ですが悪化させないために十分なケアを施した方が良いです。約2時間近く痛みの症状が消えない、また腫れの症状や圧迫された痛みを感じるなどの場合は、重症化している疑いがあるのですぐに治療を受けに行ってください。

これが出来なかったらテニス肘の疑いが

肘が痛いと感じたら、試しに肘を伸ばした状態で椅子を持ち上げてみましょう。持ち上げた状態で、痛みを感じたらテニス肘の症状にかかっている疑いがあるので、ただちにクリニックで治療を受けるのをおすすめします。

【PR】
免疫療法をしておこう。
病気知らずの体になれる。

下肢静脈瘤の基礎知識を徹底解説!
脚のデコボコを改善しよう

【PR】
脳動静脈奇形の情報
図で解説されているので見やすい!

そうだったの!テニス肘の発症原因

漠然と、腕を酷使すれば発症すると思いがちのテニス肘。細かく紐解けば、肘以外にも何かしらの影響をもたらす症状です。治療法を知るのも大切ですが、発症に関するメカニズムも同時に抑えておくのも重要です。